よきおとずれ 2024.06.05

6月3日【今日のみ言葉】

~今日のみことば~

「また、わたしたちの主の忍耐深さを、救いと考えなさい。それは、わたしたちの愛する兄弟パウロが、神から授かった知恵に基づいて、あなたがたに書き送ったことでもあります。彼は、どの手紙の中でもこのことについて述べています。」ペトロの手紙二3章15-16節

 

ペトロの手紙の結びの箇所となる御言葉です。ここには、「主の忍耐深さを、救いと考えなさい」とあります。そして、このことはパウロが書き送った手紙にも語られているとだと記されています。使徒パウロは「神の憐れみがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と寛容と忍耐とを軽んじるのですか」(ロマ2:4)と語り、私たちの神は「忍耐と慰めの源である神」(ロマ15:5)であると語りました。

主が忍耐深いのは、私たちの救いのためです。私たちが悔い改めて主に立ち帰ることが出来るように、主は忍耐を持って待ち続けてくださっているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

◆教会からのお知らせ

◎【次週の礼拝・6月9日】

・主日礼拝10:30~、説教「聞く」藤井牧師、ヨハネの黙示録2章1-7節、讃美歌67、二編186。

・夕礼拝17:00~、説教「計り知れない愛がそこに」太田神学生、ヨナ書3章1~4章11節、讃美歌8、86。

◎祈祷会

6月5日(水)19:00より行います。ぜひ、祈りの時をご一緒に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆共に祈りましょう。

~主の祈り~

天にまします我らの父よ、願わくはみ名を崇めさせたまえ。み国を来らせたまえ。みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり。アーメン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本キリスト教団 聖ヶ丘教会

*配信をご希望されない方は、以下アドレスまでご連絡をお願いいたします。

yokiotozure@hijirigaoka.jp