よきおとずれ 2024.04.16

4月16日【今日のみ言葉】

~今日のみことば~

「◆主の答え

・・・見よ、わたしはカルデア人を起こす。それは冷酷で剽悍な国民。地上の広い領域に軍を進め、自分のものでない領土を占領する。・・・彼らは王たちを嘲り、支配者たちを嘲笑う。どんな砦をも嘲笑って土を積み上げ、それを攻め取る。・・・しかし、彼らは罪に定められる。自分の力を神としたからだ。

◆預言者の嘆き

主よ、あなたは永遠の昔から、わが神、わが聖なる方ではありませんか。・・・人の労苦に目を留めながら、捨てて置かれることはない。それなのになぜ、欺く者に目を留めながら、黙っておられるのですか。神に逆らう者が、自分より正しい者を呑み込んでいるのに。・・・彼らは絶えず容赦なく、諸国民を殺すために、剣を抜いてもよいのでしょうか。」ハバクク書1章6-17節より

 

神は、罪を犯したユダに裁きを行うために、カルデヤ人を起こすと言われました。彼らは、自らの力を神の力のように考えています。

そこでハバククは問いました。確かにユダは罪深いが、それよりも更に悪い者たちによってユダが呑み込まれるのはなぜかと。このことはハバククにとって容易には納得できないことでした。しかし、なおハバククは神様の御前でそのことを問いつつ、神様を信頼して生きたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆教会からのお知らせ

◎【次週主日】特別伝道礼拝のご案内

4月21日(日)10:30より、山北宣久先生をお迎えして特別伝道礼拝を捧げます。ぜひ誘い合わせてご出席ください。礼拝後には愛餐会を行います。

説教「明日のことは分からない中で」山北宣久牧師、ヤコブの手紙4章13-17節、讃美歌353、494。聖歌隊、ハンドベルクワイアによる讃美が捧げられます。

◎夕礼拝のご案内

4月21日(日)17:00

説教「見よ、兄弟が共に座っている」藤井牧師、詩編133編、讃美歌50、403。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆共に祈りましょう。

~主の祈り~

天にまします我らの父よ、願わくはみ名を崇めさせたまえ。み国を来らせたまえ。みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり。アーメン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本キリスト教団 聖ヶ丘教会

*配信をご希望されない方は、以下アドレスまでご連絡をお願いいたします。

yokiotozure@hijirigaoka.jp