よきおとずれ 2024.04.12

4月10日【今日のみ言葉】

~今日のみことば~

「十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。

20:25 そこで、ほかの弟子たちが、『わたしたちは主を見た』と言うと、トマスは言った。『あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。』さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた。」ヨハネによる福音書20章24-26節

 

弟子たちの真ん中に、復活のキリストがお立ち下さった日、トマスはそこにいませんでした。ほかの弟子たちは「わたしたちは主を見た」と語りますが、トマスは、そうではありません。トマスは『あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。』と言います。しかし、そのようなトマスのもとにもキリストはお出で下さり、トマスに出会って下さるのです。主は、トマスのことを忘れてはおられません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆教会からのお知らせ

◎【本日】み言葉と祈りの集い

本日、午前10時半より行います。今月は、詩編8編を藤井牧師の解説によって学びます。み言葉と祈りの集いでは、聖書協会共同訳と、新共同訳、口語訳を比較しながらみ言葉を読み進めています。ぜひご出席ください。

◎会堂清掃

4月13日(土)10時より行います。皆様のご協力をお願いいたします。

◎次週の主日礼拝(14日)

主日礼拝10:30~、主夕礼拝17:00~

説教「わたしの主、わたしの神」藤井牧師、ヨハネによる福音書20章24-29節、讃美歌75、497。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆共に祈りましょう。

~主の祈り~

天にまします我らの父よ、願わくはみ名を崇めさせたまえ。み国を来らせたまえ。みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり。アーメン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本キリスト教団 聖ヶ丘教会

*配信をご希望されない方は、以下アドレスまでご連絡をお願いいたします。

yokiotozure@hijirigaoka.jp