よきおとずれ 2024.03.27

3月27日【今日のみ言葉】

~今日のみことば~

マタイによる福音書26章57~68節

「■最高法院で裁判を受ける

57人々はイエスを捕らえ、大祭司カイアファのところへ連れて行った。そこには、律法学者たちや長老たちが集まっていた。58ペトロは遠くからイエスの後に付いて、大祭司の中庭まで行き、成り行きを見届けようと、中に入って、下役たちと一緒に座っていた。59さて、祭司長たちと最高法院の全員は、死刑にしようとしてイエスに対する偽証を求めた。60偽証者が何人も現れたが、証拠は得られなかった。最後に二人の者が来て、61「この男は、『神の神殿を打ち倒し、三日あれば建てることができる』と言いました」と告げた。

62そこで、大祭司は立ち上がり、イエスに言った。「何も答えないのか。この者たちがお前に不利な証言をしているが、どうなのか。」63イエスは黙っておられた。大祭司は言った。「生ける神に誓って我々に答えよ。お前は神の子、メシアなのか。」64イエスは言われた。「それはあなたの言ったことだ。だが、私は言っておく。あなたがたは間もなく、人の子が力ある方の右に座り、天の雲に乗って来るのを見る。」65そこで、大祭司は衣を引き裂いて言った。「神を冒?した。これでもまだ証人が必要だろうか。諸君は今、冒?の言葉を聞いた。66どう思うか。」人々は、「死刑にすべきだ」と答えた。67そして、イエスの顔に唾を吐きかけ、こぶしで殴り、ある者は平手で打って、68「メシア、お前を殴ったのは誰か、言い当ててみろ」と言った。

■ペトロ、イエスを知らないと言う

69ペトロが外の中庭に座っていると、召し使いの女が一人近寄って来て、「あなたもガリラヤのイエスと一緒にいた」と言った。70ペトロは皆の前で打ち消して、「何を言っているのか、分からない」と言った。71ペトロが門の方へ行くと、ほかの召し使いの女が彼に目を留め、居合わせた人々に、「この人はナザレのイエスと一緒にいました」と言った。72そこで、ペトロは再び、「そんな人は知らない」と誓って打ち消した。73しばらくして、そこにいた人々が近寄って来てペトロに言った。「確かに、お前もあの連中の仲間だ。言葉のなまりで分かる。」74その時、ペトロは呪いの言葉さえ口にしながら、「そんな人は知らない」と誓い始めた。するとすぐ、鶏が鳴いた。75ペトロは、「鶏が鳴く前に、あなたは三度、私を知らないと言うだろう」と言われたイエスの言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆教会からのお知らせ

◎受難週の「よきおとずれ」について

今週は「受難週」です。今週は、受難節黙想会でご紹介した「聖書協会共同訳」によって御言葉を味わいつつ、イースターへの歩みを続けて参ります。ショートメッセージの掲載はありません。

◎受難週とイースターの予定

~イエス様の十字架と復活の恵みを共に!~

・聖金曜日礼拝:29日(金)19:00

・イースター主日礼拝:31日(日)10:30、17:00

・教会学校イースター礼拝:31日(日)8:00

※CSは礼拝開始時刻が異なっています。

・イースター愛餐会:31日(日)礼拝後

・イースター墓前礼拝:31日(日)14:30

・イースターエッグ作りと会堂清掃:30日(土)10:00

※洗足木曜日の行事予定はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆共に祈りましょう。

~主の祈り~

天にまします我らの父よ、願わくはみ名を崇めさせたまえ。み国を来らせたまえ。みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり。アーメン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本キリスト教団 聖ヶ丘教会

*配信をご希望されない方は、以下アドレスまでご連絡をお願いいたします。

yokiotozure@hijirigaoka.jp