よきおとずれ 2024.03.12

3月12日【今日のみ言葉】

~今日のみことば~

「あなたの怒りにわたしたちは絶え入り、あなたの憤りに恐れます。あなたはわたしたちの罪を御前に、隠れた罪を御顔の光の中に置かれます。わたしたちの生涯は御怒りに消え去り、人生はため息のように消えうせます。・・・御怒りの力を誰が知りえましょうか。あなたを畏れ敬うにつれて、あなたの憤りをも知ることでしょう。」詩編90編7-9、11節

 

神の憤りを知るとはどういうことでしょうか。それは、自分の罪を知ることでもあります。自分が神の怒りを免れえない罪深い存在であることを知ります。

それは、わたしたちが主なる神様を「わたしの主」として生きること、つまり神様を「畏れ敬う」ことによってはじめて可能となります。神様を畏れ敬わなければ、自分がどれほど神様に対して罪深く、その御心を傷つけてきたか、自分の罪が御子イエスを十字架につけたということが分かりません。

聖書が語るのは、神様を畏れ敬うにつれて立派な人間になったということではありません。神様を畏れ敬うにつれて自分の罪深さに気付かされるのです。しかし、そこにおいて神の救いの有難さ、恵みが燦然と輝きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆教会からのお知らせ

◎【明日】み言葉と祈りの集い

3月13日(水)10:30より行います。詩編22編 「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」藤井牧師。

◎次週の礼拝(3月17日/受難節第五主日)

・主日礼拝10:30、主日夕礼拝17:00

説教「道はどこへ」藤井牧師、ヨハネによる福音書14章1-11節、讃①11、495、②48、495。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆共に祈りましょう。

~主の祈り~

天にまします我らの父よ、願わくはみ名を崇めさせたまえ。み国を来らせたまえ。みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり。アーメン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本キリスト教団 聖ヶ丘教会

*配信をご希望されない方は、以下アドレスまでご連絡をお願いいたします。

yokiotozure@hijirigaoka.jp