よきおとずれ 2023.11.24

11月24日【今日のみ言葉】

~今日のみことば~

「もはや我慢できず・・・わたしたちの兄弟で、キリストの福音のために働く神の協力者テモテをそちらに派遣しました。それは、あなたがたを励まして、信仰を強め、このような苦難に遭っていても、だれ一人動揺することのないようにするためでした。・・・そこで、わたしも、もはやじっとしていられなくなって、誘惑する者があなたがたを惑わし、わたしたちの労苦が無駄になってしまうのではないかという心配から、あなたがたの信仰の様子を知るために、テモテを派遣したのです。」テサロニケの信徒への手紙一3章1-5節より

 

パウロは離れているテサロニケの信徒たちのもとへ、テモテを派遣しました。それは、信徒たちを励まし、信仰を強め、動揺することのないようにし、誘惑者たちによって信徒たちが惑わされないようにするためでした。

誘惑とは、単に苦難に遭うことではありません。誘惑とは、キリスト者を神様から引き離そうとする誘惑であり、信仰の道から離れさせようとする誘いのことです。

主イエス様は「われらを試みにあわせず、悪より救い出したまえ」と祈るように教えてくださいました。「主の祈り」に祈られている「試み」とは、私たちを神様から引き離し、信仰から引き離そうとする誘惑のことです。パウロは、キリストに結ばれたテサロニケの信徒たちが、信仰を励まされ、強められて、その歩みを全うできるようにと、テモテを遣わしたのです。テサロニケの信徒たちは、テモテを通して、どれほど豊かな励ましと恵みを受けたことでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆教会からのお知らせ

◎【明日】

・「聖書協会共同訳セミナー」11月25日(土)午後1時半、於・聖ヶ丘教会礼拝堂

・「ペンロッド師墓前礼拝」11月25日(土)午前10時半、雑司ヶ谷霊園内

◎次週主日礼拝(11月26日/終末主日)

説教「目を覚ましていなさい」藤井牧師、マルコによる福音書13章28-37節、讃美歌161、171。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆共に祈りましょう。

~主の祈り~

天にまします我らの父よ、願わくはみ名を崇めさせたまえ。み国を来らせたまえ。みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり。アーメン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

~神、われらと共にいます~

心を一つにして祈り、主に仕えよう!

日本キリスト教団 聖ヶ丘教会

*配信をご希望されない方は、以下アドレスまでご連絡をお願いいたします。

yokiotozure@hijirigaoka.jp