よきおとずれ 2023.11.24

11月23日【今日のみ言葉】

~今日のみことば~

「兄弟たち、わたしたちは、あなたがたからしばらく引き離されていたので、――顔を見ないというだけで、心が離れていたわけではないのですが――なおさら、あなたがたの顔を見たいと切に望みました。だから、そちらへ行こうと思いました。殊に、わたしパウロは一度ならず行こうとしたのですが、サタンによって妨げられました。わたしたちの主イエスが来られるとき、その御前でいったいあなたがた以外のだれが、わたしたちの希望、喜び、そして誇るべき冠でしょうか。実に、あなたがたこそ、わたしたちの誉れであり、喜びなのです。」テサロニケの信徒への手紙一2章17-20節

 

コロナ下になって以後、長い間お顔を合わせることが出来ないでいる兄弟姉妹のことを思います。パウロは、会うことが出来ないでいる信徒たちに「顔を見ないというだけで、心が離れていたわけではない」と語り、「あなたがたの顔を見たいと切に望みました」と語ります。私たちの思いも重なります。

そして、こう告げたのです。「あなたがた以外のだれが、わたしたちの希望、喜び、そして誇るべき冠でしょうか。実に、あなたがたこそ、わたしたちの誉れであり、喜びなのです。」と。一人一人が、神様の御前にあって尊くかけがえのない存在であること、そうした一人一人によって教会が建て上げられ、一つの神の家族とされていることを思わずにはいられません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆教会からのお知らせ

◎今週の行事予定

・「聖書協会共同訳セミナー」11月25日(土)午後1時半、於・聖ヶ丘教会礼拝堂

・「ペンロッド師墓前礼拝」11月25日(土)午前10時半、雑司ヶ谷霊園内

◎次週主日礼拝(11月26日/終末主日)

説教「目を覚ましていなさい」藤井牧師、マルコによる福音書13章28-37節、讃美歌161、171。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆共に祈りましょう。

~主の祈り~

天にまします我らの父よ、願わくはみ名を崇めさせたまえ。み国を来らせたまえ。みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を今日も与えたまえ。我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。国と力と栄とは限りなく汝のものなればなり。アーメン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

~神、われらと共にいます~

心を一つにして祈り、主に仕えよう!

日本キリスト教団 聖ヶ丘教会

*配信をご希望されない方は、以下アドレスまでご連絡をお願いいたします。

yokiotozure@hijirigaoka.jp