パウロは、フィリピで紫布を商うリディアという婦人を信仰に導いた。その後、思いがけず投獄される災難に遭ったが、逆に看守を救い、フィリピ教会の基礎を作り、次いでテサロニケに行った。テサロニケでは三週間留まり、ユダヤ人の会堂で、聖書に基づいてキリストの苦難を論証し、イエスがキリストであると説いた。

 

この章には、パウロのテサロニケ、ベレア、アテネでの伝道が記されている。パウロとシラスはテサロニケに行き、そこのユダヤ人の会堂でイエスがキリストであると述べ伝えた。

 

幾人かが信じたが、町のユダヤ人は妬みにかられて、ならず者を扇動し、彼らを襲わせた。兄弟たちは、直ちに夜のうちにパウロとシラスをベレアへ送り出した。難を避けて二人はそこへ到着すると、ユダヤ人の会堂に入った。その会堂でも福音を語り、多くの人々が信仰に入った。

 

ベレアのユダヤ人は、テサロニケのユダヤ人よりも素直で、非常に熱心に御言葉を受け入れ、その通りかどうか、毎日、聖書を調べていた。そこで、多くの人が信じ、ギリシア人の上流婦人や男たちも少なからず信仰に入った。

 

自分たちで聖書を調べて多くの人が信仰に入るのは、聖書が信仰を授けるわけだからである。ところが、テサロニケのユダヤ人たちは、ベレアでもパウロによって神の言葉が宣べ伝えられていることを知ると、そこへも押しかけて来て、群衆を扇動し騒がせた。

 

それで、兄弟たちは直ちにパウロを送り出して、海岸の地方へ行かせたが、シラスとテモテはベレアに残った。パウロに付き添った人々は、彼をアテネまで連れて行った。そしてできるだけ早く来るようにという、シラスとテモテに対するパウロの指示を受けて帰って行った。

 

信仰は主の語りかけのお言葉を聞いて、素直に受け入れる所に生まれる。その主の語りかけは聖書を調べて読んでも与えられる。私たちも信仰をえるために聖書を読み、私に語りかけられる主の語りかけを聞き続けるべきである。

 

聖書を読んで、十字架にかかって死によみがえったイエス・キリストに直面させる事が、遠回りのようで最も確かな伝道の仕方である。これからも聖書を調べて、神はどのようなお方であるのか、自分に与えられる恵みとは何かを覚えて生きよう。
 

(2016年10月16日夕拝説教)