マタイ福音書一章にはイエス・キリストの系図が記されている。五節と六節を見ると「サルモンはラハブによってボアズを、ボアズはルツによってオベドを、オベドはエッサイを、エッサイはダビデ王をもうけた。ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ」とある。

この中のボアズとルツの名前に注目してほしい。誠実なボアズは親族であるナオミの意図を知り、正当な手続きを経てナオミの一家がその一族から断絶しないように贖い手となった。

死んだ者のような姿でモアブから帰って来て、わが名をナオミ(快い)と呼ぶな、マラ(苦い)と呼んでくださいと願ったナオミであった。モアブ地方からベツレヘムに帰郷したナオミと嫁のルツとの生活は悲惨であった。毎日他人の畑に行き、落穂を集めて糧としなければならなかったルツとしゅうとめのナオミである。

ルツはイスラエル部族の出身ではなく、モアブの出身である。このような惨めな人がやがて救い主イエス・キリストの先祖の一人に数えられ、その名前がイエスの系図に永遠に記録される結果となったとは、まさに驚くべき事柄である。

ベツレヘムの女たちはナオミに言った。「主をたたえよ。主はあなたを見捨てることなく、家を絶やさぬ責任のある人を今日お与えくださいました。どうか、イスラエルでその子の名があげられますように。その子はあなたの魂を生き返らせる者となり、老後の支えとなるでしょう。あなたを愛する嫁、七人の息子にもまさるあの嫁がその子を産んだのですから。」

まさに神の目的は予想もしなかった形で成就される。他者を助け、家族や友人に尽くす事は人生を変え、幸いをもたらす。神の恵みはユダヤ人だけではなく、全ての人に注がれている。

私たちの今の状態がどのようであろうとも、私たちはそこで主なる神を待ち望もう。神のみ言葉に聞き従おう。神は決して無意味に今の状態を与えておられるのではない。この今こそやがて受ける栄光のためのものなのである。

神はナオミを、ボアズを、そして異邦人出身のルツをさえ用いてご自身の計画を成就されたように、私たちをもそのご自身のご計画の中に数えておられるのである。神は全ての人を思いやり、その日常生活の中で働く主なる神なのである。

(2016年8月14日夕拝説教)